若くなるなら細胞レベルで変えていこう

若くなるなら細胞レベルで変えていこう

よく肌の調子が悪くなるのはターンオーバーが乱れているからとか、睡眠不足で新陳代謝が悪いからとか言われます。そういった問題を一つ一つ解決していくことで確かに美容にいい効果を得ることができます。でももっと根本的なところで問題を解決していく方法もあります。それは細胞レベルでの活性化で、細胞が若返るように働きかけることができれば自然と肌は若々しさを保てるようになっていきます。人間の体の中には老化要因をおさえるための遺伝子が存在していて、その遺伝子を働かせることができれば肌の若返りはもちろん体全体の老化が抑えられて若さを維持できるようになります。その遺伝子がサーチュイン遺伝子です。サーチュイン遺伝子が働くようになると人間の体は細胞の修復を行うようになります。新陳代謝は活発に行われるようになり乱れたターンオーバーも正常な状態へと戻っていきます。しわやたるみといった老化要因に悩み始めているときにはその老化を抑えてくれる遺伝子を働かせるようにすることが一つの対策となります。サーチュイン遺伝子を働かせる方法はとても簡単で、空腹を感じるようにすればいいだけ。おなかがすいてきてお腹が鳴るようになるとその時がサーチュイン遺伝子が働き始めるときです。食事を十分にとっていたり、間食が多かったりするとお腹がすく時間がなくサーチュイン遺伝子も働いてくれません。食事の量を普段よりも2割程度減らして生活をしていくと体は自然と若返っていきますよ。お腹がすくと若返りの遺伝子が働き始めるなんてことを聞いたことがある人もいるかもしれません。遺伝子の中には細胞の活性化を司り、遺伝子を修復する働きを持つものがあり、それがサーチュイン遺伝子です。サーチュイン遺伝子は人間ならだれでも持っている遺伝子で、その働き次第で寿命も変わってくるのです。そしてそのサーチュイン遺伝子を働かせるためのほうほうとして空腹を感じることが大事になります。おなかがすいてきて空腹を感じるようになるとサーチュイン遺伝子の働きにスイッチが入ります。そしてスイッチの入ったサーチュイン遺伝子は体全体の細胞の修復を始めるようになります。ミトコンドリアの働きが活発になり代謝が向上し体全体が若返っていくのです。適度に空腹を感じている生活というのは美容や健康、そして長寿のためにもいいというわけです。サーチュイン遺伝子の働きを活性化させる方法は空腹を感じるということ以外にもブドウなどに含まれているポリフェノールを摂取することによっても起こります。ただしその場合には大量のポリフェノールが必要となるためなかなか現実的には難しいようです。サプリメントを利用してサーチュイン遺伝子を目覚めさせる方法もあるため、美容や健康に気を使っている人は試してみてください。ただ生活習慣を見直せば空腹時間を作るだけでもサーチュイン遺伝子は働き始めるためサプリメントに頼る必要はありません。間食をやめて食べ過ぎに注意した生活を送るようにすると自然と体は若返っていくのです。美容室 与野本町駅 メンズ 安い 口コミ ランキング カラー トリートメント 白髪染め