鬱陶しい時期を乗り切るスタイル

鬱陶しい時期を乗り切るスタイル

梅雨時期から夏の暑い時期にかけては、その気候だけでも毎日がうんざりしてしまうような時期ですね。朝起きてみて「また雨なのか」と思ったり、汗ばんで寝苦しい、など気分が憂鬱になる様な時期には、せめてヘアスタイルぐらいはさっぱりしたい、と考える人が多い事でしょう。この時期に「いっそショートにしようか」と考える人が多いかもしれませんが、ショートヘアというのは意外とキレイにまとめるのが大変なスタイルでもあります。うねりが出やすいこの時期には、ショートヘアにしているのにうねりが出て髪が広がってしまう、というのは扱いがとても大変です。朝スタイリングする時には、きちんと伸ばしてクセが目立たない様にしてきたはずなのに、お昼ごろになると髪の毛が広がってしまっていて、まとまりがつかいない、という状況になってしまう事が多いのです。そういう人はいっそパーマをかけてみるとか、少し長めにしてひとまとめに出来るようなスタイルにしておく、といった工夫をする方が良いかもしれません。確かに長さ的にはショートの方がシャンプーも手入れも楽かもしれませんが、髪の毛が広がりを余計に感じさせてしまうのは、短いスタイルの方だと言えるでしょう。この時期はうねりを伸ばす、というよりは、うねりを隠す、といったヘアスタイルを選ぶ方が賢明かもしれません。夏場はただ生活するだけでも暑さや陽射しとの戦い、という感じの日々になりますよね。特にここ数年の異常気象は屋外に出るのも嫌になってしまうほどです。こんな時期は髪の毛にとっても過酷な時期と言えるでしょう。髪の毛にとっても強い日差しを受けるのはけっして良い事ではありませんし、髪の毛も肌と同じように日焼けをしてしまうんですね。ですからできるだけ強い日差しから髪の毛を守ったり、もしもあたってしまったらその後のケアをしなくてはいけない時期でもあります。ですからこの時期のヘアスタイル、というのはそもそも髪の毛に負担をかけないようなスタイルにしておきたいものです。強いパーマをあてたりブリーチが必要なカラーリングなどはそれだけでダメージを与えてしまいます。そのうえ無防備に海水浴などで海水に使ってしまったり帽子もかぶらないで強い日差しに曝してしまたりするのは、髪の毛が悲鳴を上げてしまいそうです。ヘアスタイルそのものをまとめ髪にしてできるだけ陽射しにあたる部分を少なくするとか、帽子や日傘を利用してできるだけ日に当たらないようにしたいものです。ヘアスタイルとしては涼しげに見えるスタイルが理想的ですが、スタイルそのものよりもケアの方に重点を置きたい季節でもありますね。新宿にある美容院