睡眠時間でダイエットできる

睡眠時間でダイエットできる

ダイエットを難しいものととらえている人は多いと思いますが、意外と簡単にできてしまう方法もあります。それは正しい睡眠時間を守ることです。睡眠時間が長いほうが痩せやすいということを聞いたことがある人もいるかもしれません。なぜ睡眠時間の長さとダイエットが関係するのかというと、睡眠時間の長さによって食欲が変わってくるからです。人間の食欲はホルモンによって変化します。おなかがすいているときに分泌されるホルモンはグレリン、お腹がいっぱいになったというときにはレプチンが分泌されます。睡眠時間が短くなるとグレリンの分泌量が増えます。そのため食べても食べても満腹感を得られなくなり食べる量が増えていくことになります。8時間寝ている人と5時間程度の睡眠で生活をしている人ではグレリンの量は5時間睡眠の人が多いことが研究で分かっています。一度の睡眠程度なら問題ないかもしれませんが、毎日その状態が続いていくと当然食べる量自体に大きな差が出てきてしまいます。食べるのを我慢するとストレスになって余計に食べるようが増えるようになっていくという悪循環もあります。ホルモンのバランスが崩れるとニキビで肌が荒れるようにもなるため、美容にとっても睡眠時間の長さは重要になります。ダイエットをしているけどうまくいかないという人はまず睡眠時間を今よりも長くしてみるといいかもしれません。もともと痩せている人は睡眠時間が長い人も多いため、寝る時間を作って食欲をコントロールしてみるといいですよ。若々しい肌を維持するためには十分な睡眠時間と質の高い睡眠がそろわないといけません。でも現代人はその両方が足りていないということがほとんどです。睡眠時間に関してはベストな時間は6時間以上9時間未満なんて言われることも多いですが、この睡眠時間に対して十分に練れている人は1割程度といわれています。特に若い人は仕事や趣味などの時間を作るために睡眠時間を削っているという人が多いため睡眠時間の平均は5時間を切ってしまうこともあるようです。睡眠時間を削ってしまうと肌の新陳代謝が十分に行われなくなりたるみやシワにつながってしまいます。美容のことを考えたときには睡眠時間はできるだけ削らない生活を考えていく必要があります。寝ている時間は十分だけど肌トラブルに悩まされているという人は睡眠の質に問題があります。人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していますが、このバランスが悪くなると快眠できなくなります。ストレスがたまった状態で睡眠をとるとノンレム睡眠が短くなり、体は十分に修復されなくなります。ノンレム睡眠は成長ホルモンの分泌されるときでその時に細胞は生まれ変わっています。そして成長ホルモンが一番分泌されるのは寝はじめのタイミングでその時に深い眠りにつくことが美容にとって重要になります。質の高い睡眠をとるためには寝はじめが重要になるため、寝る前に体を休める準備を整えておくと質の高い睡眠をとることができるようになります。岩槻 美容院