その画像の何が気に入っているのか

その画像の何が気に入っているのか

画像を見せて美容師にオーダーする時に、プロの美容師としてはまずはその通りのヘアスタイルをこのお客さんに対して作れるかどうか、という事を判断すると思います。それはそのお客さんの頭の形だったり髪質だったりが原因で、おそらくその画像の通りにカットしたとしても、仕上がりのイメージが違ってくる、という事を美容師なら判断できると思うんですね。ですがお客さんがそうなりたい、と言っている限りその思いを叶えてあげるのが美容師の仕事でもあります。ですから出来るだけそのイメージに近づけて仕上げる努力をしてくれるはずです。その時に美容師が知りたいと思っているのは、お客さんがその画像の何を気に入っているのか、どこに魅力を感じているのか、という事だと思うんですね。つまり外せないポイントはどこか、という事です。例えば「毛先の自然な動きが素敵」とか「ふんわりした感じ」などですね。そのお客さんが気に入っているポイントさえ外さなければ、結果的に少し画像とは違った仕上がりであっても、お客さんが気に入ってくれる可能性は大きいと思われます。ですからお客さんの方でも、その画像においてどの部分が自分のはずせないポイントなのか、という事を美容師に伝えるのが納得のいく仕上がりにしてもらえるひとつのポイントだと思いますね。美容室でオーダーするのはとても難しいもので、例え画像を見せたとしても思い通りにならなかった、という声は良く聞くものです。そこで考え方を変えてみるのも一つの方法です。もちろん画像を見せる、というのは美容師にとってもわかりやすくとても良い方法なのですが、それでも思い通りではなかった、という時には「こんな風になるのは嫌だった」という結果になったからだ、とも考えられます。つまり「こうなりたかった」と言うのも有りますが「なりたくなかったスタイルになった」という事が原因で納得できなかったケースも多々あると思うんですね。ですから美容師さんに「これだけは嫌だ」と言うポイントを伝えておくのも良いと思います。たとえば前髪の長さはかなり顔の印象を変えるものですから、「眉が見えるのはやめてください」と言う様に、自分の前髪に対する「絶対になりたくないポイント」だけはしっかりと美容師に伝えるんですね。そうすると画像のスタイルと合わせて、そのどうしても嫌なポイントを美容師は意識的に避けて作ってくれるはずです。人の心理として「なりたい!」と思うとその通りにならなかった時のショックは大きいかもしれませんが、一番大きいのは「嫌な事をされた時」だと思うんですね。嫌な事が無ければ、それなりに納得できたりするものでしょう。矢場町 美容院