レセプショニストの必要性

レセプショニストの必要性

美容室によっては受付は必要があるときだけ手の空いているスタッフが応対している所も有ります。受付を担当するためにひとりスタッフを雇う事は、それだけ人件費が掛かることにもなりますから、必要性があまりないと思う場合にはスタッフ内で兼任していることもあるでしょう。ですが最近では受付担当の人を置いているケースも良く見られます。そういう美容室ではどんな必要性があってレセプショニストを配属しているのでしょうか。特に大型の美容室で見られるのですが、店舗がおおきかったり客席の多い美容室では受付だけで3人以上おいているところもあります。必要性としては美容室の建物によっては受付の場所が施術のスペースとは別の所になっている所も有ります。極端なところではフロアが違う所もあります。そういう所ではスタッフが兼任する事は難しいですね。また何より大きい理由として受付専門のスタッフを置く事でお客さんに好印象を与える事が出来るケースが多いのです。美容師やアシスタントの中には人との会話が苦手な人もいます。本来受付は美容師の仕事は言えない部分ですからそれは仕方のない事です。ですが受付がやりたくて美容室に入ってきた人は、ひととの会話や応対が得意な人なので印象も良くなります。そして何よりも受付に人を置く事で他のスタッフが本来の仕事に集中できる、というメリットがあります。美容師になりたい、と思う人は美容専門学校に通い美容師免許を取得しなくてはいけませんが、単純に「美容室で働きたい」と言う人もいるかもしれません。そういう人にとって美容室の受付業務というのはとても魅力的なのではないでしょうか。受付業務は最近ではレセプトとかレセプショニストなどと呼ばれて、そのポジションが確立されています。美容室によってはアシスタントが兼任していたり、手の空いている人が受付に入る、というシステムになっている所も多いかもしれません。ですが最近は美容室において受付業務と言うのが独立しているケースも良く見かけるようになりました。この業務に関しては美容師免許を持っていなくてもOKであることがほとんどで、それよりも受付としてお客さんを気持ち良く迎える事が出来る、いわゆる接客業の技量の方を求められるのではないでしょうか。美容室にとって受付と言うのはその美容室の顔となり得るポジションです。お客さんが美容室に来る時に一番最初に出会う人はその受付業務の人です。その人の印象によっては、その美容室の印象が左右される事も有ると思われます。単純に美容室で働きたいけれども免許を持っていないから、受付業務なら出来るだろう、と簡単に考えてしまうと、務まらないケースもあるかもしれませんね。小岩 美容院 就職 求人