お腹がすくと若返る理由

お腹がすくと若返る理由

お腹がすいてくると食欲に負けてものをすぐに食べてしまう人も多いかもしれません。でもそれは若返りのチャンスをつぶすことになります。お腹がすくということがどうして若返りにつながるのでしょうか。お腹がすくとお腹が鳴るようになります。人に聞かれてしまうくらい大きな音が鳴ると恥ずかしくておさめるためにすぐにでもものと食べて空腹を解消したくなります。でもお腹がなっているときには体の中で大きな変化が起きています。一つ目の変化として成長ホルモンの分泌です。成長ホルモンは若返りのホルモンとも呼ばれ寝ているときによく分泌されています。新陳代謝が促進して体全体の細胞が新しく生まれ変わるために必要になります。二つ目の変化としては長寿に必要な遺伝子であるサーチュイン遺伝子が働き画締めることです。サーチュイン遺伝子はすべての人間の体の中にあり、その機能が働き始めると人間の中に存在している老化要因が抑制されるといわれています。肌の老化も抑えられるため必然的に若返りにつながるわけです。三つ目は脂肪燃焼や血管修復の働きを持つアディポネクチンが働き始めることです。脂肪の燃焼はダイエットに必要になります。血管の修復が行われるようになると体全体の血行が良くなり健康的な体い変わっていきます。人間が活動していくためには血液の流れが必要になるため血管が健康的になることは美容にとっても重要なことなのです。お腹がすくと若返るということには大きな3つの理由があるのです。人間は男性よりも女性のほうが平均寿命が長いことが多いです。日本でも男性に比べて女性のほうが平均寿命が長く年齢をかさねても健康的な生活を送れている人がたくさんいます。この理由には様々な要因がありそうですが、一つのポイントとしてアディポネクチンの量が関係しているといわれています。脂肪の多い女性のほうがアディポネクチンの分泌量が多くそれだけ長生きできるということになります。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されている寿命に影響を与えるホルモンです。大きな働きとしては血管の修復効果、脂肪の燃焼効果、ヒアルロン酸分泌の促進、血管の拡張効果があります。これらの要素は生活習慣病に有効な効果として注目を浴びているわけですが、美容にとってもいい効果を発揮してくれます。血管の修復効果で血管が丈夫になればそれだけ血液の流れもよくなります。脂肪が燃焼しやすくなればダイエット効果につながりますし、ヒアルロン酸の分泌量が増えれば肌の水分保持力が高くなります。血管の拡張効果は血行促進効果とリラックス効果を与えてくれます。こう言った働きを持っていることからアディポネクチンは若返り効果があるといわれているのです。脂肪細胞から分泌されるからと言って脂肪の多い人のほうがいいのかというとそうではなくバランスが重要になります。脂肪が多すぎても少なすぎても分泌量は低下するといわれているため脂肪の摂取しすぎには注意が必要です。食べ過ぎにもダイエットのやりすぎにも注意して若さを維持できる体づくりをしてみるといいですよ。マツエク 三宿 まつげエクステ トリートメント カラーエクステ 人気 口コミ