お客様を迎える業務

お客様を迎える業務

受付、といえば私達が美容室へ行った時にまず初めに人に出会う場所です。つまりそこから美容室で過ごす時間が始まるんですね。特に初めて行った美容室の場合、そこでの印象が尾の美容室の全体的な印象が決定づけられる、と言っても過言ではありません。そこで受付の人がまず行う事はお客さんをお迎えして案内する事ですね。気持ち良い挨拶はもちろんですし、歓迎する気持ちをあらわし、その後の受け付け作業がスムーズに行くようにすることで、その美容室の印象はぐっと良くなる事でしょう。初めてのお客さんの場合、予約カードを出すタイミング、荷物を預けるタイミング、カルテの記入、待合に座る場所、待合の時間の過ごし方、など解らないことだらけですし、これまで利用していたことのある美容師とは勝手が違う事も多いと思われます。案内する時に「知っているでしょう?」という態度をしたりお客さんのペースを無視したりすると、お客さんはとても気後れしてしまう事でしょう。そもそも受付がきちんとあるような美容室と言う所は規模が大きかったり、少し高級感のある美容室であることが多いものです。せっかくそういう美容室にチャレンジしたお客さんを気持ち良くその場で過ごしてもらうためには、いかにお客さんのペースに合わせて気持ち良くご案内するか、という事がレセプリョニストにとっては大きな仕事となるでしょう。美容室の受付業務の中に電話の応対があります。電話というのは相手の顔やしぐさが見えないので苦手だ、という人も多いものです。ですが受付がやりたい、という思いで入店した人であれば電話の応対も感じよくできる人が多いものです。ですが美容室の場合はただ電話を受ければよい、というだけではなく、電話のほとんどが予約の為の電話であることが重要となります。予約と言うのはお客さんにとっては「その日時に必ず伺います」という約束をする事であって、もしもその日時を間違って受け付けてしまっていると、当然お客さんは激怒する事でしょう。それだけで一気にその美容室の信頼は失墜してしまう事になりかねません。予約の管理というのは美容室においてはとても大切なんですね。またお客さんによっては自分の希望の時間をかなり無理矢理押し通そうとする人もいます。仕事などでい忙しい人にとっては自分の思った時間に予約が取れない、というのはイライラする事だとは思うのですが、それでも他のお客さんとの兼ね合いで、どうしても受けられない事も有ります。そんな時にお客さんに対していかに理解してもらうか、という事もとても大切な業務となります。電話の対応は大丈夫、と自信を持っていた人でも、色々なお客さんとのやり取りに自信を無くしてしまうような事もあるかもしれません。平井 中途 ヘアサロン 求人