空腹で成長ホルモンが分泌される

空腹で成長ホルモンが分泌される

美容のためには睡眠が欠かせません。これは寝ている間に成長ホルモンが分泌されて肌が生まれ変わっているからです。成長ホルモンの分泌は加齢とともに低下していくため、年齢を重ねた肌はそれだけ新しく生まれ変わりにくくなるということになります。成長ホルモンの分泌低下を防げないなら老化してしまっても仕方ないと思ってしまいがちですが、年齢を重ねても成長ホルモンの分泌を促進させる方法があります。それは食べ過ぎに注意するということ。食べ過ぎがいけないというよりも、食べ過ぎに注意して空腹の時間を作ることで成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。だから食べ過ぎの生活をやめて空腹時間を作ら食生活に変えていけば自然と肌は若返るようになるということになります。普段の生活の中で人間が必要としているカロリーは2000程度です。男性女性の違いもありますし、体重や身長によっても必要とされる摂取カロリーには違いがあるため個人差がありますが2000キロカロリーを摂取している状態は体に十分なエネルギーが満ちている状態といえます。それ以上の摂取量になると満腹状態になってしまい成長ホルモンの分泌を促すことはできません。成長ホルモンの分泌は空腹を感じている時間の長いほうが多くなるため2000キロカロリーよりも少ない食生活にしていくとより若返り効果を得ることができるようになります。空腹を感じる時間はなかなかつらい時間かもしれませんが、生活習慣の中でお腹を空かせる時間を作っていくことが若さを保つ秘訣になります。若い肌は乾燥しにくい肌で本来なら乾燥肌で悩まされることってないはずです。でも若い人の中にはすでに乾燥肌に悩まされている人が多く、色々と対策を行わないといけないという人が増えています。10代の肌は成長段階です。肌は常に新しく作られていき、乾燥したとしてもその乾燥した肌はすぐに新しい肌へと生まれ変わっていき乾燥に悩まされることってないのです。人の肌は20代で成長を終えあとは老化に向かっていきます。それでも20代の肌も乾燥しにくく、ターンオーバーによって常に鮮度の高い肌が維持されます。乾燥肌の悩みは30代を過ぎて、40代くらいになってから本格的な悩みとなるはずです。若いときに乾燥肌に悩まされてしまうのは早くから化粧品を使い始める人です。10代でメイクをすることも当たり前となってきていますし、メイクを落とすためにスキンケアをするのも当たり前となってきています。若い肌は常に生まれ変わっている状態のため本来ならメイクをする必要もありませんし、スキンケアの必要もありません。スキンケアは肌の手入れということもあり若いときから始めるのは効果的に思えますが、実際には肌に大きな負担をかけてしまいます。クレンジングを使ったメイク落としは肌を傷めてしまいますし、洗顔のやりすぎによって若いときには豊富にある皮脂が洗い流されていきます。皮脂がなくなると肌の水分はどんどんと蒸発していくために乾燥肌になってしまいます。若いときにスキンケアやメイクはいらないということには理由があるのです。笹塚にある美容院