乾燥した髪の毛について

乾燥した髪の毛について

美容師の目から見ると、髪の毛がいつも乾きがちになっている人と言うのは、そもそもその人の生活で髪の毛の事をあまり意識する習慣が無い人だ、という判断が出来るようです。いつもは髪が潤っているのに今回は髪の毛が乾いている、という事はあまりない事の様で、潤っている人は常に潤っているし、乾燥気味の人は常に乾燥気味なのだそうです。つまりそれだけ髪の毛を意識しているかどうか、という違いなんですね。髪の毛が乾燥すると髪の毛のまとまりは悪くなります。どんなにヘアスタイルを整えようとしても乾燥した髪の毛ではうまくいかないので、結局ひとまとめにしたりバッサリとショートにしたり、という事をする人が多いようです。その人がそれで満足であれば他人がどうこういう事ではありませんが、度が過ぎるとあまり良い印象ではなくなってしまうでしょう。逆に髪の毛がいつも適度に潤っている人は、普段から髪の毛の美しさを意識している人である、と言っても良いかもしれません。髪の毛に潤いがあればまとまりも良いですし、まず見た目にキレイです。髪の毛の乾燥の具合というのはその人が髪の毛をケアしているか、という外的要因だけではなく、その人の食生活や睡眠とも関係しています。つまり乾燥気味の人と潤いのある人とでは生活そのものがちがっている可能性もあるようです。ヘアスタイルと言うのはその人の印象を大きく変える要因の一つとなり得ます。そして人の印象がちがえばその人のの周囲の評価がちがってくると考えられます。髪の毛をただの髪の毛だ、と思っているか、その髪の毛で如何自分を表現するかを考えているか、という違いは大袈裟に言えばその人の人生を大きく左右していると思われます。昔からヘアスタイルを変える事は、なにかの決意表明の様な要素も有ります。節目節目にヘアスタイルを変える人が多いですし、何かあるとヘアスタイルを変えてみたい、イメージチェンジをしたい、と思う人は多いものですし、季節が変わればヘアスタイルも少し変えてみたい、という衝動に駆られるのも自然な感じですよね。ヘアスタイルはそれほどまでに人の生活や人生其の元大きく関わっている、と言っても良いでしょう。逆を言えばヘアスタイルを変えれば何か自分の人生の流れを変えるきっかけをつかむ事が出来るかもしれません。ヘアスタイルはそれほどまでに大きな可能性を秘めている、というのは大袈裟でしょうか。美容室ではそんなお客さんの人生を美容師が握っている、と言えるのかもしれません。ヘアスタイルに無頓着な人もいるかもしれませんが、もしも何かが上手くいかない、と悩んでいる人はまずはヘアスタイルを変えてみてはどうでしょうか。平井 転職 アシスタント 求人