髪の毛にとっては乾燥が怖い

髪の毛にとっては乾燥が怖い

乾燥の心配になる秋から冬にかけて肌にとって厳しい季節となります。乾燥は肌の老化に大きな影響を与えますが、それ以上に厳しいのが髪の毛にとっての乾燥です。髪の毛は肌ほどダメージを感じにくい場所ですが、乾燥に対する耐性は肌よりも弱いといわれています。乾燥の季節ではどんなことに注意したらいいのでしょうか。肌と同じく髪の毛も寝ているときに成長します。乾燥したら保湿してあげることのできる起きている時間よりも何もしてあげることができない睡眠時の対策を考えるようにしましょう。入浴した後すぐに寝てしまうという人はまず髪の毛をしっかりと乾かすことが必要になります。髪の毛は濡れているとキューティクルが開いている状態になるため髪の毛内部の水分がどんどんと蒸発していってしまいます。さらに寝ている間に摩擦によるダメージもあるため髪の毛は内部から傷んでいくことになります。ドライヤーでしっかりと乾かしておくだけでも髪の毛を守ることができます。冬になると空気中の湿度が低くなり、極端に乾燥した状態が続くようになります。暖房を使っていると湿度はさらに下がっていくため、湿度の低下を防いであげる必要があります。髪の毛にとって一番最適な湿度は60%程度といわれています。乾燥する季節だと40%以下になってしまうこともありますので、寝る前にしっかりと部屋の湿度を高めておいてあげることが必要になります。寝る前に乾燥対策を行うことは肌いも髪の毛にも重要なのです。髪の毛の美しさは女性にとって肌と同じくらい大事なことです。でも髪の毛に対しては肌よりも手入れがおろそかになってしまうのも事実。髪の毛も若さの出やすい場所ですからいつでもきれいな状態に整えておくようにしましょう。髪の毛の美しさを維持していく上でまず知っておきたいことは髪の毛の乾かし方です。雨にぬれたとき、お風呂から上がったときは特に髪の毛をすばやく乾かさないといけません。ぬれた髪の毛はなぜ乾かさないといけないのか疑問に感じている人もいるかもしれません。髪の毛にはいくつかの結合がありますが、ぬれるとその結合が切れてしまいます。結合の切れた状態になると髪の毛はまっすぐにならずに癖がついてしまいます。ぼさぼさ頭になりたくない人は髪の毛を乾かさないといけません。ドライヤーを使って髪の毛を乾かさないといけないわけですが、ただ熱風を髪の毛に当てているだけではうまく乾いてくれません。髪の毛を乾かす時のコツとしてはまず根元から乾かしてあげることです。水分は根元から毛先に流れていくため根元を乾かさないと乾かすのに手間がかかります。水と同じように熱にも弱い髪の毛ですからドライヤーで乾かすといってもその熱で髪の毛をいためないようにしないといけません。根元をしっかりと乾かすと毛先まで乾かすことは簡単です。長い髪の毛でなかなか乾きにくいといった人でも根元を乾かすことですばやく乾燥させることが出来ます。ドライヤーを使って乾かすときに髪の毛の根元を乾かすことを意識してみるといいですよ。美容室 ヘアサロン 川越 カット カラー パーマ オーガニック 人気