腹八分目の美容効果とは

腹八分目の美容効果とは

腹八分目なんて言葉が昔からよく使われてきました。単純に考えると食べる量を抑えるわけですからダイエットのためになる方法のように思えますが、実際には健康のためにいいといわれています。今以上に貧困に悩んでいた昔の時代から飽食よりも食べ過ぎない生活のほうが体のためにいいといわれてきたのです。現代の社会でも食べ過ぎは体に良くないといわれています。その理由として超に大きな負担をかけてしまうからです。腸には様々な働きがあり、消化吸収ばかりを行っているわけではありません。腸の調子が悪くなると消化不良になるだけでなく、代謝が低下し免疫力が下がり体調不良になりやすくなります。そして美容にも悪影響を与えてしまいます。食べ過ぎになると腸は働きを活発にさせないといけないため体中の血液が内蔵に集まるようになります。消化吸収の働きには大量のエネルギーが必要となりそのために血液の流れが集中しやすくなります。食べる量が多ければ多いほど血液の流れは内蔵に向かい肌に向かう血液の量は減っていくことになります。肌に血液が足りなくなれば肌に栄養がなくなってしまうわけで、美容にも悪影響が出ることになるマス。食べ物に困ることがなく貧困で苦しむことがない現代人にとっては飽食こそが健康や美容の大きな問題となります。普段の生活の中で腹八分目を意識した食事を心がけていき、腸に負担をかけないような食生活を送れるようにするといつまでも健康的に美しい肌を保てるようになるはずです。きれいになるために必要なことは化粧してスキンケアをやって代謝をあげるために運動をしてといったことばかりではありません。きれいになるために表情そのものにも注目してみる必要があります。そのためにも表情筋を鍛えて見るといいですよ。表情筋とは顔にある筋肉のことで30種類以上あるといわれています。海外の人は表情筋の発達している人も多いといわれていますが、日本人は表情筋を動かすことが苦手といわれています。普段から無表情でいることが多くなると表情筋は衰えていく一方のため意識して表情を変えていくようにすることが大切です。表情筋を鍛えることで具体的にはどんな美容効果があるのかというと、たるみの防止、弾力やハリの維持、しわの防止などに役立ちます。どれも老化して見ら安く、見た目年齢を大幅に上げてしまいます。若いときから表情筋を鍛えていくとそれだけ見た目年齢の若さを保ちやすくなります。比較的動かしやすい表情筋もあればほとんど動かさないという表情筋もあります。ほとんど動かさない表情筋はトレーニングを重ねて動かせるようになっていくと普段以上に表情豊かな生活を送れるようになります。無表情でいることで美人といわれる人もいますが、その場合は年齢を重ねた後が大変になります。今後の若さを維持していくことを考えている人はぜひ表情筋を鍛えていく生活をしてみましょう。笑顔に魅力があると愛嬌が出てきてそれだけでも人に好かれる人間になることができます。美容院 三軒茶屋駅 カット パーマ 白髪染め おすすめ クーポン ランキング