ふくらはぎは細くするだけではダメ

ふくらはぎは細くするだけではダメ

美脚を目指している人ならふくらはぎの美しさも気になるところです。ふくらはぎって第二の心臓と呼ばれるほど重要な場所です。鍛えて細くすることも大事ですが、健康的なふくらはぎを維持していくことも忘れないようにしてください。ふくらはぎの理想的な細さは身長に対して0.2倍程度といわれています。150センチの身長の女性なら30センチ前後が理想的な太さとなります。ちなみに160センチ前後のモデルも大体ふくらはぎの太さは30センチくらいです。女性としての理想を求めてふくらはぎを鍛えていくなら30センチを目指してみるといいでしょう。ただふくらはぎは細くしただけでは意味がありません。第二の心臓としての働きを維持するために大切なことは筋肉を付けてあげることです。ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれている理由は体の一番下まで流れてきた血液の心臓に戻すためにふくらはぎが重要になるからです。それまで重力に従って血液がしたに流れてきたのに対して重力に逆らって上に戻るのは大変なことです。そこでポンプとなって血液を心臓に押し戻す必要があり、そのためにふくらはぎが重要になってきます。ふくらはぎがしっかりと仕事をしていると足のむくみや冷え性の悩みも抱えずに済みます。男性に比べて筋肉の量が少ない女性は特にふくらはぎの働きが重要になるため、ただ細くすることを考えるのではなく筋肉をつけて鍛えてあげることも忘れないようにしましょう。美脚の要となる場所なのです。顔のむくみやすい女性にとって、鏡を見たときにまったく別人のように顔がふくれていたらいやな気分になってしまいます。仕事から帰ってきたむくみならまだ何とかできますが、朝起きたときにむくみがひどいと一日をはじめる気持ちがおきなくなってしまいます。顔がむくんでしまうのは顔に余分な水分がとどまってしまっているからです。水分代謝をよくしてあげることでむくみは解消されていきますが、ではどんな方法でむくみを解消してあげるといいのでしょうか。むくみの解消ならマッサージがいいのではと思うかもしれませんが、マッサージって何も知識がない人がやっても大して効果がありませんし、逆に肌をいためてしまったり血行を悪くしてしまう可能性もあります。マッサージをするなら専門家に舞い貸せるのが一番安心です。自分で簡単にできるむくみ対策はないのかと考えている人はまず笑うことを心がけてみましょう。笑うことで顔の表情は豊かになります。これは顔の筋肉を刺激し、鍛えることになり血行アップやむくみ解消効果につながります。むくみというのは細胞に水分がたまってしまった状態ですが、筋肉が衰えていると水分を代謝する力がなくなってしまいます。人間の顔は笑うことで20種類以上の筋肉が動くといわれています。顔にある筋肉を動かしてむくみの原因となる水分を排出できるようにしていきましょう。普段の生活の中で笑うことを常に心がけていると顔のむくみに悩まされることもなくなります。城南にある美容院