ココナッツオイルが意外と美容によくきく?その美肌効果やダイエット効果について

ココナッツオイルが意外と美容によくきく?その美肌効果やダイエット効果について

ココナッツオイルには、女性にとって嬉しい美容効果が期待できます
オイルといっても太りにくい中性脂肪酸です。
ラードや牛脂は体内にたまりやすいですが、ココナッツオイルであれば、肝臓に負担もかけずに、スピーディーに消化してくれます。
そのため体内に残ることも少ないのです。
ダイエット中の人にも、ココナッツオイルはおすすめです。

 

○ココナッツオイルは脂肪を燃焼しやすくしてくれる

 

ココナッツオイルをとりいれることによって血液中のケトン濃度が上がっていき、ブドウ糖を作ってくれ、体内の脂肪を燃やしてくれます。

 

筋肉をつけると一層効果的でしょう。寝ている間に痩せる体作れます。

 

○代謝を高めてくれる

 

ココナッツオイルには、ビタミンEもたっぷり含まれていて、毛細血管の流れを良好にして代謝を高めてくれます。

 

温かい飲み物にココナッツオイルをたらして飲むのもいいでしょう。

 

○意外と美白効果も期待できる?

 

青汁には、ビタミンEの一つである「トコトリエノール」という成分が含まれています。
これは強い抗酸化作用を持っていて、シミやしわ、毛穴ケアなど美肌効果も期待できます。
海外では日焼け止めとしてココナッツオイルを使う事もあります。
実際に、日焼け止め効果も期待できるでしょう。
ちなみに海外では日焼け止めとしてココナッツオイルを活用する人もいます。

 

○お通じがよくなる

 

ラウリン酸という酸が、腸内の免疫力を高めて腸内環境を整えてくれます。
これによってデトックス効果もアップするでしょう。
腸の働きも正常になれば、体や心の調子も整ってくるでしょう。

 

一見何も問題なさそうに見える習慣でも、日々続けることで肌や髪に負担がかかっていることがあります。
それでは、一見気付きにくいものの、美容に悪い習慣とはどのようなものなのでしょうか?

 

○シャンプー後、濡れた髪をタオルで巻きつける

 

シャンプーした後、濡れた髪をタオルで巻いてまとめているというあなた。
一見なんの問題もなさそうですが、実は濡れた髪はさらに繊細になってダメージを受けやすいものです。
そのような状態の時にタオルで髪を巻いたりすぐにブラシでとかしてしまうのはおすすめしません。
入浴後はすぐにタオルドライして水分を拭き取り、目が粗いコームでとかすようにしましょう。
ドライヤーで短時間で乾かして、水分をできる限りしっかり落とすことが大切です。長くドライヤーをあててしまうと、熱によって髪にダメージが出てしまいます。

 

○古いメイク道具を使っていませんか・

 

メイクブラシを定期的に取り変えていますか?
もしも取り変えずにずっと同じブラシを使っているという人がいましたら、それは不衛生で肌によくありません。

 

汚れたブラシを使ってメイクしていることになります。
古くなったブラシは、メイクの仕上がりを悪くしてしまうだけでなく、ブラシにたまってしまった細菌も、肌にまき散らしてしまうでしょう。

 

これではお肌が綺麗になるどころか、バイ菌だらけになって、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

メイク道具は定期的に見直して、古くなったものは取りかえるようにします。これはメイクブラシだけに関わらず、ファンデーションや下地などでも同じことが言えます。

 

美容師 高給与 中途 求人 柏