美容師は知っておきたい

美容師は知っておきたい

もしも皆さんがセルフカラーをした時に「いつもの美容師にばれてしまうだろうか」という心配をする事があると思うのですが、結論から言うと美容師にばれないはずがない、という事が言えると思います。そうなってくると「気を悪くされるだろうか?」「嫌がられないだろうか?」と心配になることでしょう。実際に「自分で染めたんですか?」と聞いてくる美容師もいると思いますし、その言い方が少し不機嫌そうに見える事もあると思います。確かに美容師側から見たらセルフカラーをする事は髪の毛のダメージにつながることの方が多く、これまで自分が一生懸命にケアして来たのに、と残念に思う気持ちも有るかと思います。ですがそれ以上に、美容師もプロですから今後の事を考える訳です。今の現状においていかにお客さんの髪の毛をキレイにしてあげるか、という事が美容師の仕事でありベストな選択を美容師はしなくてはいけません。そのためには今お客さんの髪の毛はいつ何をしたためにこの状態になっているのか、という事を知らなくてはいけません。だから「自分で染めたのか?」という確認をする事は当然と言えるでしょう。セルフカラーしたのならばこんなトリートメントをしておいた方が良い、今度カラーをするならこういうアドバイスをしておいた方が良い、というような事が美容師の頭の中にはあるに違いないのです。いつも決まった美容室へいっている人でも時には何らかの事情で別の美容室へ行くことになってしまう事もあるでしょう。たとえば産後に実家に帰っている間にいつもの美容室へ行く事が出来ない、という女性も多い事と思いますし、当然のことながら遠方に引っ越す事になれば通う事が出来なくなる事も有ります。時には友人に誘われてどうしても別の美容室へ行くことになってしまった、という事もあるでしょう。それは仕方のない事ですし、そういう事があると言う事も美容師は承知しています。ですが私達は何故かしら「別の美容室へいった事がばれてしまうだろうか?」と不安になってしまうものです。実際に「別の所でカットされましたか?」と聞かれたりすると即座に「すみません!」と言ってしまう物ですよね。本当は別にそれは悪い事をしている訳ではなく、お客さんの方にも当然選択権はあるはずです。もしどうやってもその美容室の仕上がりが気に入らなければ当然別の美容室へ行くことも考えるでしょう。つまりその美容室が力不足のためにお客さんが離れていく事も良くあることですし、結果的に元の美容室が一番良かった、という結論になれば、別の美容室を散々回った挙句にまた戻ってくるお客さんもいるものです。私達が思っている程美容師の皆さんはお客さんが他の美容室へ行く事は気にしていないものですし、その責任が自分たちにあることも自覚しているものでしょう。美容室 求人 就職 業務委託 町田駅