美容のためにはいつ寝るのがいいのか

美容のためにはいつ寝るのがいいのか

美容にとって理想的な睡眠というのはどのくらいの時間になるのでしょうか。人間は普通なら夜寝て朝起きるというのが一般的です。仕事などで忙しくなると睡眠時間を削る必要があ出てくる可能性もありますが、その時どの程度睡眠を削ることができるのでしょうか。美容にとって大事なことは寝る時間と質の高さです。寝る時間の理想は短くても6時間、長くても8時間程度といわれています。睡眠時間は最低限6時間程度はとることが理想的になるわけです。そして睡眠のときに注目したいホルモンがメラトニンとコルチゾールです。メラトニンは体温を下げていき体が自然と睡眠に入れるようにするホルモンで、コルチゾールは体温を上げていき目覚めに必要となるホルモンです。メラトニンの分泌量は9時くらいから増加し始め、人間は11時くらいには眠れくなるようにできています。そしてコルチゾールは夜中の3時くらいに分泌量が増え5時くらいにピークを迎えます。つまり夜11時に寝て朝の5時に起きることが最低限快適な睡眠をとるの日必要なタイミングとなります。美容に欠かすことのできない成長ホルモンは時間による分泌の変化はほとんどないといわれています。寝始めて一番最初に迎える深い眠りの時間が成長ホルモンの分泌量が高くなるタイミングです。つまり昼に寝ても成長ホルモンの分泌量は高くできるということになります。美容にいい快適な睡眠をとるときには体の構造に合わせた睡眠のタイミングを見つけてみるといいですよ。美容にとって一番大切な時間となる睡眠はできるだけストレスなく快適に眠れるようにすることが大事になります。でも生活の流れの中で快適な睡眠時間を作れる人は減ってきています。快適な睡眠をとるためには体の疲れを落とし、ストレスを解消し、リラックスした状態を作って、程よく疲労感を持った上体で寝ることが大事です。しかし現代人は普段からストレスを感じていることが多くストレスを解消できないまま睡眠に入り睡眠によってストレスを解消する傾向にあります。入浴でストレスを解消する方法や寝る前にはパソコンやテレビを見ないようにすることが大事といわれていてその方法を実践している人も多いと思いますが、それでも快適な睡眠を得られないと悩んでいる人は笑う時間を増やすようにするといいかもしれません。笑うと気分が晴れてストレスの解消になることはもちろんですが、体力も使うため程よく疲れを感じることができます。精神的な疲れを解消しつつ体に疲れを感じさせる方法としては笑うことが特に効果的なのです。テレビを見て笑う、誰かと話して笑う、何かしら笑うことを寝る前の習慣として取り入れていくことができれば快適な睡眠をとることができるのです。笑うという事なら多少無理をしても笑顔を作るようにすることも快適な睡眠には必要になります。無理して笑うことに効果があるのか疑問に感じる人も多いかもしれませんが笑うことで顔の筋肉が使われて睡眠にちょうどいい疲労感を感じることができるようになるのです。池袋 美容院